費用掲載|LED照明器具の交換工事【新潟市中央区|地域の茶の間】

30年以上使用されてきた蛍光灯タイプの照明器具

先日に工事をさせて頂いた照明器具の交換工事についてご紹介いたします。

 

管理会社様からのご依頼で高齢者向けの娯楽施設に伺いました。状況は聞いておりましたが、器具を確認したところ、製造から30年以上も経過していました。お客様からは『点灯した時に現状よりも明るくしたい』というご要望を聞いておりましたので、出来るだけ価格を抑えながら何とかそれに見合うものを必死で探し出しました。

 

上の写真は交換前の照明器具です。確かにちょっと薄暗い感じもします。十分過ぎるほど働いたと思いますので、この辺りでお役御免といったところでしょうか。建物が建った当初からだと思いますので「本当にお疲れ様」という感じです。

 

LED照明器具(FHP45Wランプ、光束12,500、4灯級の明るさ)

これが今回交換させていただく器具になります。FHP45Wランプで4灯級の明るさです。『光束12,500』とあったので、「既設の器具よりかなり明る苦なるハズ」と期待に胸が膨らみます。

 

ブログに書いている今、器具をビニールから出していない事に気付きました(写真用なのに…汗)。

まずは既設の器具を取り外します。

 

吊りボルトで取り付けられていたので安心していたのも束の間、天井面から降りてきているものではなく、軽天に加工されているだけの状態でした。何となく嫌な予感はしていましたが「ボルトが緩み過ぎて抜ける」というアクシデントを2回乗り越え、ようやく本体とLEDバーの取り付けが完了です。

 

LED照明に交換して明るくなった室内

予想以上に明るく「これは明る過ぎるのでは!?」と心配になりましたが、お客様には大変好評で満足いただけました。改めて「お客様に喜ばれるって嬉しいことだ」と思いました。次もまた、そんな仕事に巡り合いたいものです。

 

 


以上、LED照明器具の交換工事の様子をレポートさせて頂きました。

最後に今回の工事費用のお見積書をご覧下さい。

 

実際にお客様とご契約させていただいた実績価格となります。

LED照明器具交換工事のお見積書
電気設備工事のご相談・調査・見積り・見積り診断のお問い合わせページへ
新潟市の法人・事業所向け電気設備工事(修理・交換・改修)