電気設備営繕工事

電気設備営繕工事 · 2020/08/12
共同住宅の営繕工事は設置されている電気設備を全て点検してからのスタートとなります。永年暮らしていた入居者様が退去した後に故障した箇所や経年劣化した箇所を交換して次の入居者に備えての準備となります。電気部材はカバー等を中性洗剤で清掃すると綺麗になるのですが、年式を見て交換しなければなりません。次の入居者様がいつ出ていくかは不透明な為、交換時期を誤ると火災や感電事故等の要因を残すことになりかねませんので当たり前の事ですが、慎重に検討しております。