消雪用井戸ポンプ設置前調査(新潟市中央区|保育園)

長岡市や上越市では消雪用井戸ポンプの設置されている施設は多数ありますが、新潟市内では少ない印象です。弊社にも設置しております。朝の除雪作業があるのと無いのとでは一日のスタートがまるで違うことを実感しております。新潟市内は暖冬の影響で全く雪はありませんが、これがあると降雪が来ても慌てなくても良いという安心感があります。


 消雪用井戸工事を手掛けるきっかけは、弊社の井戸工事を施工して頂いた際に電源工事は別途・ホースの設置は別途となっており、井戸業者さんに依頼出来るのは井戸掘削とポンプ設置のみでした。私としては使用できる状態で引き渡してもらえると思っていたので大変不便さを感じました。数年前にお客様から工事業者の紹介依頼を受けた際に井戸掘削・ポンプ設置・電源工事・ホース設置の全てを一括で面倒を見てもらえることが条件でしたので自社で請け負わせて頂いたのがスタートです。

 

 井戸工事には大別すると2種類あって、20m以内の浅井戸と20m以上の深井戸があります。深井戸を掘る場合は一部の地域で県知事の許可が必要です。しかし、浅井戸の場合は許可が必要ありません。井戸工事というと特別な申請や許可が必要と思っている方も多いと思いますので、新潟市内でご検討のお客様は是非ご一報願います。

導入前に駐車場の水はけ状況や傾斜に対して水を流して試験をしてみます。

※導入前の水流試験は有料(¥50,000‐(税別)目安となります。

 

放水試験の様子です。放水試験時に適正な水量と出来るだけ広範囲に消雪出来るようにホースをどのように設置するのか?を検討致します。設置前に確認することで無駄なホース等の材料購入が必要無くなりますので、長い目で考えると事前調査は費用をかけても行うことをお勧め致します。

 

弊社では車で踏んでも大丈夫な消雪用プロテクターというホースを設置致します。サニーホースでは、風の影響だけでなく車で踏んだ際に接続箇所が外れたりと年間で何度も確認作業をしなくてはなりません。消雪用プロテクターでは水量の安定だけでなく風の影響も無く設置後の手間が格段に減ります。

 

弊社では、放水試験時に適正な水量と出来るだけ広範囲に消雪出来るように消雪用プロテクターを設置します。導入後にお客様で毎年実施しなければならないことは、ホースの設置とホースの片づけ作業です。中でもホースの設置は1年目でしっかりと勾配を計算して設置しないと広範囲な駐車場では思ったとおりに雪が消えないことがあります。

 

弊社では、1年目のホースの設置をして、2年目にはお客様でも出来るようにホースの設置状況を図面でお渡ししております。広範な駐車場のホースの設置は、私たちのように慣れた者でも半日程度の時間を要します。

今回の調査では透水性のある舗装駐車場の為、水が浸透して広がらないという問題がありました。しかし、新潟市内井戸水は鉄分を多く含み舗装の目地に鉄分が付着し穴を塞ぐ効果を発揮します。2・3年水を流すことでこれらも問題点も解決出来ます。

 

弊社で施工する場合に一番気を付けている部分は導入後の使い勝手です。弊社もそうなのですが、導入後にメンテナンスに手間が掛るとか、何度も業者を呼ばなくてはならないようなポイントを作らない努力をしております。お客様はスイッチを押してバルブを開くだけの状態で引き渡しをしております。ご興味のある方はお気軽にご相談願います。

電気設備工事のご相談・調査・見積り・見積り診断のお問い合わせページへ
新潟市の法人・事業所向け電気設備工事(修理・交換・改修)